開校50周年記念式典・タイムカプセル

 開校50周年記念式典は11月14日(土)10時より、本校体育館で行いました。歴代校長・PTA会長、南丘7丁目町内会長を迎え、教職員のほか、本校を昨年巣立った中学生、現6年生ら50名が出席しました。1~5年生は、新型コロナウィルス感染症予防のためテレビ中継を各教室で見ての参加でした。伊藤宏親協賛会長の挨拶。歴代校長・PTA会長等へ感謝状の贈呈。その後、宮川良一市長からの祝辞、紋別高校総合ビジネス科制作動画の上映、鈴木校長からの謝辞が述べられ式典は終了しました。

また、各家庭に50周年記念誌を配布いたしました。

 開校30周年に埋設されたタイムカプセルが同日11時より掘り起こしました。当時の全校児童292人が詰めた「未来の自分への手紙」や「自画像」などがぎっしり入っていました。参加した卒業生35人が開封の瞬間に立ち会い、当時の思い出を懐かしんでいました。また、現6年生13人が思い出の品を詰めたタイムカプセルを校庭に埋めました。